ダイエットを成功させるための生活習慣

ダイエットには欠かせない、生活習慣の改善。ダイエットの成功可否は、いかに生活習慣をダイエットに適したものにできるかにかかっています。本記事では、ダイエットを成功させるための生活習慣について解説していきます。

就寝直前の食事は厳禁

就寝直前の食事は、肥満に繋がる大きな原因の1つです。寝ている間は体内の消化酵素の活動が減少するため、胃に食べ物が残っているとたちまち脂肪に変わってしまいます。また、胃の中の食べ物を効率良く消化できないことが腸内環境の悪化にも繋がります。ダイエットをしたいのであれば、就寝前の3時間程度の時間は食べ物を口にしないのが理想です。とは言え、就寝前にお腹が空き過ぎて眠れないという人もいるでしょう。どうしてもお腹が空き過ぎて眠れないという時は、ホットミルクや紅茶など、温かい飲み物を飲みましょう。温かい飲み物を飲むことで、空腹感が和らぎます。ただし、コーヒーなどのカフェインを含む飲み物は睡眠を妨げるためNGです。

食事は低カロリー・高タンパクがベスト

当たり前ですが、ダイエットをしたいなら高カロリーな食べ物よりも低カロリーな食べ物を選ぶのがベストです。消費カロリーが摂取カロリーを上回ることで、少しずつ体重が減っていきます。しかしここで注意したいのが、低カロリーな食事をしつつもタンパク質を十分に摂取する必要があるということ。タンパク質は筋肉を維持するのに必要な栄養素です。タンパク質が不足すると体の筋肉が徐々に落ちていき、結果として代謝が悪くなり、痩せにくい体質になってしまいます。低カロリー・高タンパクな食べ物としては、鶏ムネ肉や納豆、豆腐といったものが挙げれます。低カロリー・高タンパクな食事を続けることが、健康的かつ効率的なダイエットに繋がります。

毎日の運動習慣を心掛ける

食事制限だけでもダイエットは可能ですが、好きな食べ物を毎日我慢し続けるのは精神的にも辛いし、道のりも長いです。効率良くダイエットをしたいなら、毎日の運動を心掛けましょう。オススメはランニングやウォーキングといった有酸素運動。息が上がらない程度のペースで長い距離を走ったり歩いたりすることで、体脂肪を燃やすことができます。とは言え、運動が苦手という人や、そもそも運動をする時間が取れないという人も多いはず。そんな人は、日常生活の中で少しでも体を動かすことを心掛けましょう。エレベーターではなく階段を使う、テレビを見ながら軽くスクワットをしてみるなど、簡単な運動をするだけでも良いです。簡単な運動でも毎日続けることで、少しずつその効果が現れてきます。

Content -コンテンツ-