効果の出る有酸素運動の方法

「ダイエットには有酸素運動が良い」という話を良く耳にします。とは言え運動初心者の人にとっては、有酸素運動と言ってもまず何をしたら良いのか分からないはず。そこで本記事では、オススメの有酸素運動の方法について紹介していきます。

有酸素運動の定義と、有酸素運動の有効性について

有酸素運動とは、体に酸素を取り入れつつ行う運動のことを指します。ランニングや水泳、縄跳びなど、息継ぎを行いつつ体を動かすものは全て有酸素運動です。一方で、短距離のダッシュや高重量のバーベルトレーニングなど、息を止めて行う運動が無酸素運動と呼ばれるものです。なぜ無酸素運動よりも有酸素運動の方がダイエットに有効かと言うと、体に酸素を取り入れつつ運動をすることで、糖質や脂肪が燃焼しやすいから。糖質や脂肪が燃焼することで、徐々に体重が減っていきます。また息継ぎを挟む有酸素運動は、無酸素運動と比べて長時間継続しやすいです。長時間運動を続けることで、必然的に糖質や脂肪が燃焼している時間も長くなり、痩せやすくなります。

オススメの有酸素運動はランニング

ランニングは有酸素運動の代表格とも言える運動です。特別な道具や施設も必要なく、やる気さえあれば誰にでも簡単に始められるのがオススメできるポイント。そもそも走るのが苦手という人も多いかもしれませんが、有酸素運動を目的としたランニングであれば早く走る必要はありません。むしろゆっくりと時間をかけて走る方が、ダイエットには効果的です。理想は「呼吸が乱れる一歩手前」くらいのペースです。体に酸素を取り込みつつ、長時間体を動かし続けることで、じわじわと体脂肪が燃焼していきます。ランニングを行うタイミングとしては、食事前がベストです。空腹の状態でランニングを始めることで、体脂肪がエネルギーとして使われやすくなります。

水泳も効率の良い有酸素運動

走るのがどうしても苦手な人、または毎日ランニングをし過ぎて飽きてしまったという人には水泳もオススメです。息継ぎの度定期的に体に酸素を取り入れる水泳は、効率の良い有酸素運動です。ランニングと同様、無理のないペースで、ゆっくりと時間をかけて長距離を泳ぐのが理想です。水泳のメリットは、ランニングのような運動と比べて怪我のリスクが少ないという点。ランニングは自身の体重が膝にかかるため、膝を痛めるというリスクが常に付き纏います。しかし無重力状態で運動を行う水泳であれば、体を痛める可能性は極めて低いです。とは言え、慣れないうちに無理して泳ぎすぎるのは禁物です。水の中で行う運動である以上、思わぬ事故に繋がりかねません。

Content -コンテンツ-